蝦夷のモモンガ

アクセスカウンタ

zoom RSS 家庭教師(かてきょー)ヒットマン リボーン 第10話

<<   作成日時 : 2006/12/10 19:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

どうも週末は「積みV」が溜まるのだ。
金曜と日曜は「特撮番組」が4つもあるので、ボヤボヤしてるとあっと言う間に、感想を書く番組が重なってしまうのだ。
これが土曜の放送で良かったと思うのだ。
次の日が日曜でなかったら、「リボーン」だけ「積みV」になってる可能性大だったのだ。

前置きが長くなってしまったが、今回の展開も非常に良かったのだ。
そろそろレギュラー・キャラクターの使い方に馴染んで来たようで、それぞれの性格に合わせて話が展開していくのは、予想もしながら観るが面白くもあるのだ。

ランボーはすっかり主人公の家の家族と化したようで、食べ終わった食器を片付けていたのだ。
こういう部分は、観ていて「偉いな」と思ったのだ。
訳の判らない連中が多数押し掛けて来て、ちゃっかり家族の顔をして主人公と暮らしているのだが、大家族的なところは、ある意味楽しそうだと思うのだ。

「復活弾」の使いドコロも今回は前半に用意されていて、しかも最近は「復活弾」+「能力倍増弾」なのだ。
この見せ方も、非常に上手いと思うのだ。
必ず「復活弾」を後半に使う必要は無いのだから、メリハリを付ける意味でも、話に合わせて「復活弾」を使う演出、大いに結構なのである。

今回の最後でも、主人公の家は大爆発に巻き込まれたかもしれないが、リフォームするより家を1件建て替えた方が安いくらいの金額が、既に使われているのかもしれない。
そして、家族でもない人間のための食費も考えると、主人公の家の家計を守るお母さんが大変なのだ。

主人公が10代目という事で、組織から資金援助を受けているのかもしれないが、この資金援助が莫大な金額なので、綱の母親は家族ではない人間にも、快く食事の支度をしてくれるのだろうか?
今回のランボーが皿を割った時にも怒ってなかったし。
どうでもいい事なのだが、最近はこんな事を考えながら観ていたりするのだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
家庭教師(かてきょー)ヒットマン リボーン 第10話 蝦夷のモモンガ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる