「ハム太郎」の再放送が始まり、嬉しいのだ!

昨日の朝8時から、テレビ北海道では「とっとこハム太郎」の再放送が始まった。 これを今までどれほど待っていた事か。 実は「ハム太郎」は、あと4話分手に入れれば全話コンプリートになる。 この再放送の機会にぜひとも全話コンプリートを目指したい。 どうかテレビ北海道は、途中話で再放送を打ち切らないでね。なのだ。(笑) 久し…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

仮面ライダー THE NEXT  (2007年劇場公開・東映作品)

この作品も今頃、やっと観た。 またオーディオ・コメンタリーは、まだ聞いていない。 実は、オーディオ・コメンタリーが一番面白いのかもしれない。 前作の「THE FIRST」でも、監督のコメントが一番面白かったからだ。 というより最近観てるDVDでは、本編も面白いのだが、コメントの方も面白いのが多い。 そして毎度の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DTエイトロン (全26話・1998年放送作品)

ついにこの前、やっと全話観た。 出だしはやや退屈で、観ているのが辛かったが、5話あたりから段々と面白くなって行く。 途中回では、本編とあまり関係無いようなエピソードもあるのだが、それは最終目的地に向かって旅するドラマの関係上、仕方無い部分であると思う。 ラストもなかなか意味深な終わり方で、少し寂しくなるのだ。 最近は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇宙大怪獣ドゴラ (1964年公開・東宝作品)

最近観た作品の中では、唯一の怪獣映画。 だがゴジラのような、着ぐるみスーツ・アクションの怪獣映画ではない。 特撮シーンがカッコイイのはもちろんの事だが、劇中何度も見せる、地上から空中に石炭などが吸い上げられるシーンが一番印象が強かった。 このシーンは凄い迫力なのだ。 また、ドゴラが空から現れるシーンにも驚かされた。 CGも…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

世界大戦争 (1961年公開・東宝作品)

最近立て続けに、東宝特撮映画ばかり観てるのだ。 今回、大量に届いた作品の中から、また一つ感想を書いてみる。 この作品には、いつもの怪獣も宇宙人も出て来ない。 だから厳密には「特撮映画」ではないのかもしれないが、劇中に占める特撮シーンは明らかに相当の量だし、この作品の最大の見せ場は特撮シーンだ。 しかも作品の作り込みと…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

電送人間 (1960年公開・東宝作品)

やっと長い間の念願だった、「電送人間」を観る事が出来た。 大昔、浅草のオールナイトで、東宝特撮ばかり一晩中上映していた劇場で観た記憶があったのだが、今回この作品を観ていても、どのシーンも全く思い出せない。 普段、過去に観た事ある作品ならば、どこかのシーンで「あ、これ覚えてる」となるものだが、今回、全くそれが起こらなかったのだ。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

仮面ライダークウガ 全49話+SP1話 (2000年放送・東映作品)

今まで観たかったが、なかなか観る機会を逸していた。 念願の平成ライダー・シリーズの第1弾を、やっと今頃になって通しで全話観たのだ。 同じ平成ライダーを扱うならば、本当は現在放送中の「キバ」の感想を書けばいいのだが、今回はあまり提灯持ち記事を書く気分ではないので、「キバ」はまたの機会に。 外付けドライブを購入してからとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自作DVD、作成三昧の日々なのだ!

ほぼ半年振りの更新なのだ。 相変わらず特撮やアニメは観ているけれど、現在放送中の作品は録画で観れるが、過去作品ではまともに金払って観てないのもある。 それらはネットで拾って来た動画をディスクに焼いて観てるので、申し訳無くてまともな感想を書くのもはばかられるという意識があるからだ。(ぎゃはは) 今年に入ってから、外付けの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

仮面ライダー電王 第45話

タイム・パラドックス物は難しい。 この第4クールに突入してからは最後のまとめの意味もあるので、話がややこしくて難解なのだ。 それにしても小林さんの手掛ける作品は、前作のクレイモアもそうだったが、何故最後の方では必ずライオンの怪人が登場するのだろうか? これはたまたま偶然なだけなのか。 これなら「ライオン丸G」も、小林…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム00(ダブルオー) 第11話

先週の毛の生えてるガンダムにも驚いたが、強化手術が原因なのか、二重人格のアレルヤにはもっと驚いた! こんな奴にガンダムのパイロットを任せておくなんて、これではソレビが「悪役」だと言ってるようなもんだ。 しかもソレビは、この二重人格者からの提案で作戦立案まで任せちゃうから、こういうのを「キチガイに刃物」って言うのだ。 …
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

DTB~黒の契約者 第9話~第25話(最終回)

ここ数日、毎度おなじみの積みVで、全話一気に観た。 といっても、第9話と第10話だけは放送当時に観ていたが、感想を書くのをサボっていたのだ。 何かキッカケが無いと、特にこういう毎回の演出と話が渋い作品は、毎週観ていくのがしんどい。 最初第1話を観た時は、何て取っ付き難い作品なんだと思ったからなあ。 ちょうど1クール目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スーパーロボット大戦OG~Original Generations~ (PS2) ~その1~

先週、久し振りにゲームを購入した。 だが新品ではない。 こいつが安くなるのを待ってたのだ。 定価の半額以下で3000円切ってたし、割引クーポンを使ったので、更に安く買えたのだ。 しかし少し遊んでみて、予想通りこいつは定価で買う必要無しと思った。 今回のように、3000円切ってたら丁度いいくらいか。(笑) …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

仮面ライダーストロンガー (1975年放送・東映作品) ~その2~

久し振りに本編を観たが、今観ても細かい演出がなかなか気が利いてる。 というか、当たり前の事をしているだけなのだが、こういうセオリー通りの演出というのが、最近の特撮では見かけなくなってしまったような気がするのは、自分だけだろうか? 例えば、最初に登場するブラックサタンの幹部、一つ目タイタンで言えば、彼は劇中でも神経質なくら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仮面ライダーストロンガー (1975年放送・東映作品) ~その1~

一昨日と昨日、近所のレンタル屋では旧作なら、DVDもVHSも1本80円で貸し出しだった。 こんなしみったれたご時世の中で、何て太っ腹な企画だと思った。 周りが「値上げ、値上げ」と声を揃えたように便乗して行くなかで、この企画は庶民にも地元にも非常に貢献している。 この時期このレンタル屋は、企業努力してて、優良企業と呼べる。(笑)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム00(ダブルオー) 第7話

今月になってから、まだ2回しか更新してない。 それも土日だけなのだ。 今年の春には、あんなにたくさんのアニメを観てたのに、今ではこの「ガンダム」と再放送の「ヤマト」しか観ていないのだ。 自分の中では、結局アニメは「ヤマト」と「ガンダム」を越えられないという事なのか?(笑) それにしてもこのガンダムは、何て業の深い…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

仮面ライダー電王 第40話

いよいよ今日の放送で、最終第4クールに突入した。 途中、何回か放送休止があるので、最終回まではあと10話無いんじゃないのかと思ってるのだが・・・。 ゼロノスがセピア色に変わって、忘れ去られたライダーというイメージなのだろうか? 哀愁漂う、孤高のヒーローに相応しいデザインに生まれ変わったと思う。 孤独なヒーロー時代…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム00(ダブルオー) 第5話

今日の話は、面白かったのだ。 ゲーム「ギレンの野望」でいうところのガンダムMAモードで「逆シャア」をやるなんざ、雛型をしっかり押さえた、なかなかガンダムらしい話だと思った。 「ガンダム」の名前だけを語ったエセ・ガンダムにならなければ、何をしてもいいと思う。 元々、他人の作った箱の中に自分を入れて行く訳だから、おのずとギクシ…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

イートマン&イートマン’98 (97年、98年作品)

古いビデオを片付けていたら、一昨年に友人から貰ったベータの録画テープに「イートマン」が入っていた。 1度観ていたのだが、内容はすっかり忘れていて、改めて観てみると面白かったのだ。 1回目の視聴時はPCを所有していなかったので、ネットで調べる事も無く、どういう作品なのかも知らないまま観ていた。 そこで去年、レンタル落ちで手に入れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大槻ケンヂのタングショー

最近は全く映像を観ていない。 その理由は、単に面白くないというのもあるが、たまにこういう日が続く事があるのだ。 <a href="http://www.nicovideo.jp/watch/sm1270900">【ニコニコ動画】ラジオ-特撮・大槻ケンヂのタングショー-第1回-1/2-2000年10月3日</…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大江戸ロケット ~第23話

最近始まったアニメや特撮が面白くないので、放送終了後の今頃、積みVだったアニメなどをボチボチと観てる。 だが、この作品は非常に出来が良いのだ。 元の原作者が「グレンラガン」のストーリー構成をやってた人だから、劇中グレンの真似をする回などもあり、また二個動画の真似をするシーンとかもあって、なかなか遊び心が溢れてて実に楽しい作りだ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

獣拳戦隊ゲキレンジャー 第33話

久し振りにゲキレンジャーの感想を書く。 最近のゲキ応援サイトからのトラバ攻勢に影響を受けたのも事実だが、感想を書かなくとも飛び飛びでも、たまに観てたのだ。 秋の特撮の新作も幾つか観てみたが、これもアニメ同様あまり触手の動くモノが無かったので、溜まってた積みVの最近のゲキも観てみた。 ところが観るのを少し飛ばしていたら、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仮面ライダー電王 第37話

今回から登場した「カイ」というキャラクターは、今までの黒幕らしいので、第4クールまでも引っ張る重要な人物なのかもしれない。 他のモモやウラ、キンと比べても、リュウだけ登場した時から悪役イメージがあったので、今日の話もすんなり入って行く事が出来たのだ。 以前、登場時と比べると、リュウは少し大人になったのかもしれないと書いた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム00(ダブルオー) 第2話

秋の新作アニメを幾つか観たが、面白かったのは今のところこの「ダブルオー」だけなのだ。 北海道だから、関東地方で観られる全ての作品が放送される訳ではないのだが・・・。 もう40年以上前になると思うが、はるか大昔、「戦争はやめろっ!」が決め台詞の「遊星仮面」というアニメが在った。 先週から始まったこのガンダムを観ている…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

愛の戦士 レインボーマン (1972年放送・東宝作品)

北海道ではまだ放送されていないので、昨日、動画サイトにリメイクされた「セブン」が落ちてたので拾って観てみたが、あまり面白くなかった。(笑) いちいち面白くないと感想を書く事はしないが、わざわざこの時代に「セブン」をリメイクするくらいなら、今だからこそ「レインボーマン」だと思うのだ。 東宝作品なので、東宝とのパイプを持ってた円…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

仮面ライダー電王 第36話

良太郎とユウトの2人での変身シーンは、何だか昔のダブル・ライダー揃っての変身を思い出してしまって、ちょっと泣けて来たぞ!(笑) 今回のこの2人の会話が、今後ライダーとして戦うための覚悟と自覚、そして見事な解答となったのだ。 先週のユウトの名場面に続いて、今週の電王も、ライダーとして戦うための自覚を描いてくれた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム00(ダブルオー) 第1話

凄いのだ! 「人道的武力介入」という矛盾した事をガンダムでやってしまうなんて、何て大それたテーマなんだ! さすが、脚本の黒田さんと水島監督だ! 第1話から、かなり飛ばしてくれる。 大好きな2人のこのコンビで、この作品が「積みV」になるようなら、もう自分は2度とアニメなど観るもんか!(笑) 世界的なアニメ・ブ…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

仮面ライダー電王 第34話・第35話

ハナが子役になったのは、この電王の世界では非常に重要な原因があるのだという事は判るのだ。 また本第3クールのテーマともいえる、「人の記憶が無くなる」、「忘れ去られる」という部分にも、大きく関係しているのではないかという気もしてる。 しかし今回、ユウトに新たな変身カードを渡したのは、あの桜井だったから、何が何だかまた判らな…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

アイドルマスター~XENOGLOSSIA~ 第26話(最終回)

このアニメの最終回を観るの、すっかり忘れてた!(笑) 先週から、何か忘れてるモノがあるだろうと思ってたのだ。 花田さんの、このまとめ方には感謝したい。 自分はてっきり、バカリボン、オデコ、マコトの3人が、アイドルともども心中してしまうのかと思って観ていたので、こういうラストになるとは思わなかったのだ。 彼女たちが死んでし…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

地球へ・・・  第24話(最終回)

最終回は、ちょっと「茶番」でしたな。(笑) 第23話がおかしかったので、やっぱり最終回も変な終り方だったのだ。 この最後の2話が、今までの出来を全部台無しにしてしまったのではないかとさえ思うのだ。 とても残念。 「王道アニメ」と、さんざん誉めてあげたのに、最後がこれかよ!(笑) がっかりなのだ。 唐突にマ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

クレイモア~CLAYMORE~ 第26話(最終回) 受け継ぐ者へ 

この時期は最終回ラッシュなので、ちょっと積みVしてると、最終回ばかり観てないという事になってしまう。 このアニメも何だかんだと、全26話中2話くらいしか録画で観てない。 それ以外のほとんどが、動画サイトの映像で観たという事になる。 その中でも、この最終回の映像だけは、もっときれいな画質で観てみたいなと思ったのだ。 A…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

クレイモア~CLAYMORE~ 第25話 誰が為に

今回の展開は、もったいつけ過ぎだったのだ。 やはり最終回に向けて、原作がまだ連載中だから、消化予定分しかアニメ化しないのだ。 しかし単行本販促用アニメにしては、ライオン丸戦までは抜群の出来なので、無駄に販促用という訳でもない。 今月初旬に増刊号の2巻を手に入れたが、原作の絵は更に、段々上手くなってたのには驚いた…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

アイドルマスター~XENOGLOSSIA~ 第25話

またまた、いい展開じゃないですか!(笑) もう最後だから、泣いても笑っても仕方無いのだ。 マコトが仲間に戻って、オデコとの友情が再び元通り、いや以前よりも深くなったシーンには、正直嬉しかった。 バカリボンはユキホとの一騎打ち真っ最中だから、この場面では蚊帳の外なのは無理も無い。 2場面で、それぞれ見せ場を作ってく…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

仮面ライダー電王 第33話

意表を突いた展開なのだ。 ハナは、このまま子役で代役させて行くのだろうか? 今の段階では、まだ良く判らない。 電ライナーの新たな路線が出現したが、時間と同様、線路もねじれていたので、これがこの世界の元凶なのだろうか? また何故、ハナの年齢が若くなってしまったのか? 今回の話だけでは、まだ何も判らない。 イカの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地球へ・・・  第23話

最終回手前で、キースの見せ方がおかしくなった。 先週までの彼なら、絶対にメギドの一斉射撃を止めたりしなかっただろうと思うのだ。 これは一体、どういう事だろう? これまで散々キースの冷酷さを描いて来たのに、この1話でその全てを無かった事にしろというのは、どういう事か? 多少なりとも、マツカの死が関係してるという事か? …
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

積みVに死す!

先週から今週にかけて、都合ダンボール3箱分も映像ソフトが宅配された。 その9割が特撮とアニメで、毎日少しづつでも観てるのだが、一向に観る映像が減らないのだ。 それでなくとも積みVが山と化してるのに、この上更にこれでもか!っと、追い討ちをかけて映像が増えると、もう達磨さんだ。 手も足も出んぞ~! 積みVの中で、死ねと言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャッカー電撃隊  DVD第2巻(第6話~第11話)

残念ながら今回第1巻は入手出来ず、DVDの第2巻と第3巻だけ手に入れた。 残りはいつの日か手に入れようと思ってるが、とりあえず観た感想を書いてみたい。 1977年4月から12月まで放送された、全35話の戦隊シリーズ第2弾にあたる。 戦隊シリーズ第1弾、ゴレンジャーのいかにもな子供だましのノリが当時大嫌いで、ついこのジャ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

クレイモア~CLAYMORE~ 第24話 臨界点Ⅱ

ピエタで戦い続けると思っていたが、それだと演出上面白くないので、やっぱり今回久し振りに場所が変わったのだ。 次の戦う相手も、てっきりイースレーの番だと思ってたら、テレサの仇プリシラ自らが、戦いを仕掛けて来た形になった。 「深淵の者」が簡単に倒される訳にはいかないから、当然と言えば当然か。 クレアの覚醒は、完全覚醒寸前、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

アイドルマスター~XENOGLOSSIA~ 第24話

大団円が近いのか、非常に緊迫していて面白いのだ。 今までの謎解きも、関を切ったように出て来るので、非常にバタバタし出した。 謎解きはその前に少し消化しておいて、今回はもう少しドラマ部分を楽しみたかったところなのだ。 せっかく前回インベルと再会出来たバカリボンのパートも、そのため今回少なくなってしまってるのだ。 ち…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

宇宙Gメン (1963年8月~10月放送)

特撮作品中、幻の中の幻作品とも呼ばれていた、この「宇宙Gメン」をとうとう手に入れた。 しかし今までさんざん倉庫の奥に眠ってただけあって、イワク在り過ぎ! 本放送中打ち切りになるわ、欠話はあるわ、主題歌すら入ってないという、まさに「珍品」だったのだ! DVDを再生すると、いきなりサブタイトル表記の後、すぐさま本編ドラマか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仮面ライダー電王 第32話

今回がとりあえず、ゼロノス最後の登場回、という事になるのだな?(笑) このままユウトがゼロノスに変身しないまま、かつての「仮面ライダー」の滝和也のように、ライダーのサポートに回るという展開でも構わんぞ。 しかし1度でも、ライダーに変身したキャラクターのする役ではないと思う。 そうするとこの後、どうやって再びゼロノスに変身す…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

地球へ・・・  第22話

マツカは、キースを助けて死んだ。 この話は、観ていて涙が出そうになったのだ。 劇中でもキースが言ってたが、この戦いが終ってもマツカはミュウとして処分される。 それなら、キースを助けて死んだ事は、マツカにとって本望だったのだろう。 今回、キースはマツカの最後の働きによって命拾いしたが、これも彼のカリスマのなせる技と言え…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

クレイモア~CLAYMORE~ 第23話 臨界点Ⅰ

この回からは1話づつしか観れないので、サブタイトルも表記して行く。 どうやら完全覚醒ではなくて、右腕に続いてまたもや部分覚醒だったのだ。 いつもの二個の画像がいまいちなので、ステ6に上がるのを待ってたのだ。 それでも今回のは面白いので、都合4回も観ちゃったのだ!(笑) この最下位クラスのクレイモア、クレアだけが他の上…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

アイドルマスター~XENOGLOSSIA~ 第23話

今回の話も花田さんだったが、凄い内容だったのだ! もう1話も遊べる余裕の無い事が、ひしひしと伝わって来るのだ。(笑) しかも今回は、オデコが一番カッコイイ! 花田さんの書いた話の時は、何故かオデコがカッコイイのだ。 これって、「えこひいき」か?(笑) 更に今までのアイマスの中で、一番ラスト・シーンが印象的だった…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

クレイモア~CLAYMORE~ 第21話・第22話

この作品が全2クールなら、このまま最終回までピエタでの戦闘が続くのかもしれない。 この回も、可哀想なくらい辛い話が続く。 今回の見どころは、何と言っても24人のクール・ビューティたちが、ズタズタに惨殺されて行く部分なのだ! 「銀眼の獅子王」という、とんでもなく強いライオン丸が登場して、こいつが凄いのだ。 クレイモアのリー…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

仮面ライダー電王 第31話

冒頭にキンタロスを登場させて、本編ではリュウタロス。 モモとウラは前回に登場してるので、てんこ盛りライダーと個別ライダーを使い分けて行くという事か・・・。 また、ゼロノスの残りカード1枚という部分の引っ張りが上手い! このまま変身カードが1枚のまま、最終回まで引っ張る事は無いと思うが、こういう細かい緊迫感が面白いと思うのだ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

地球へ・・・ 第21話

もう、血で血を洗うような戦争は、たくさんなのだ! 今週は毎日「クレイモア」しか観てなかったから、凄惨な戦いに嫌気が差してるのだ。 ここまで泥沼化してしまうと、キースが最後に見せた人質作戦すら、戦争だから当たり前なんだと思ってしまう。 お互いに共存する事が不可能ならば、どちらかが全滅するまで戦うしかないのか? …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more